引きこもり主婦による妊娠・出産・育児についての備忘録

はじめて育児

子育て

スマイルキュートとメルシーポットを比較!どっちの手入れが簡単?

更新日:

家庭用鼻水吸引器として人気のスマイルキュートとメルシーポット!
私の周りでは、この2機種のどちらかを使っている人が多いです。
でも、どっちを選べばいいか迷ってしまいますよね。

私は最終的にスマイルキュートにしたのですが、購入後にメルシーポットの新モデルが登場!

けっこう大きく変化したので、また判断基準が違うかなと。

今回は、スマイルキュートとメルシーポットを徹底比較してみました☆

スポンサーリンク

スマイルキュートとメルシーポットを徹底比較!

比較する項目は、

  • コンセプト
  • 発売時期
  • 吸引圧
  • 重さ
  • サイズ
  • デザイン性
  • 操作性
  • 手入れの簡単さ
  • クチコミ件数
  • 購入者の評価
  • 基本セットの内容
  • 価格

です。

順にお伝えしますね!

コンセプト

メルシーポット:メルシーポットを製造するシースターは、「ホームメディカルを、ママの手に。」というコンセプトで、家庭で使えるベビー向けの医療機器やヘルスケア製品をつくっています。
品質はもちろん、ママでも簡単に使えることや、可愛い外観も特徴です。
メルシーポットの他に、電池式のベビースマイルという電動鼻水吸引器もあります。

スマイルキュート:スマイルキュートを製造する興伸工業は、病院や診療所、救急センター、老人ホームなどで使われる医療機器が専門。
医療機関で使われている機器の品質を家庭でも使えるように改良し、開発されたのがスマイルキュートです。

発売時期

メルシーポット:2011年に最初のモデルが登場し、現在のモデルは2017年
スマイルキュート:2012年

発売年としては、メルシーポットのほうが1年早く登場しました。
メルシーポットはその後2度のモデルチェンジを行い、現在の最新モデルは2017年9月に発売されました。

吸引圧

メルシーポット:-80kPa±20%、12L/分±20%
スマイルキュート:最大-80kPa、13L/分

どちらも家庭用の鼻水吸引器で最大の-80kPaの吸引圧で、吸引圧に違いはありません。

最新モデルのメルシーポットは、吸引圧の調整ダイアルがなくなりました。
スマイルキュートは、吸引圧の調節をダイヤルで行えます。

重さ

メルシーポット:約800g
スマイルキュート:約1.5kg

重さはメルシーポットの方が、約700g軽量ですね。

サイズ

メルシーポット:H160×W235×D90mm
スマイルキュート:H217×W246×D94mm

サイズも、メルシーポットの方がややコンパクトな作りとなっています。

デザイン性

メルシーポット:前面にボタン等なし、赤ちゃんのイラスト
スマイルキュート:機能的で使いやすさ重視

最新モデルのメルシーポットは、赤ちゃんのイラストが大きくなりましたね。
かわいらしいポップな雰囲気で、デザイン性が高いですね。

私も見た目は、メルシーポットの方が好みです。

スマイルキュートは、医療現場で使われていても違和感のない見た目ですね。
鼻水を溜めるボトルを透明にしたり、機能性重視の印象です。

操作性

メルシーポット:電源スイッチのみのシンプルな構造
スマイルキュート:無段階で吸引圧を調整、メーターを見ながら調整できる

スマイルキュートでは、吸引圧調整するダイヤルがついており、メーターを見ながら吸引圧の最大値を設定できます。

我が家では赤ちゃんに使うときは、-40kPaに設定し、行っています。

メルシーポットも初期は吸引圧を調節するダイヤルやメーターを備えていたのですが、モデルチェンジをする毎にシンプルな構造に。
最新モデルではオンオフのみで、吸引圧を調整はできません。

赤ちゃんに使用する場合、吸引圧の調整ができなくて良いのだろうか?
と、少し疑問に思います。

手入れの簡単さ

メルシーポット:使う度にホースや細かい部品まで洗う
スマイルキュート:普段は手元の「鼻水吸引キット」を洗うだけ

メルシーポットは、鼻水が本体のボトルに直接たまるので、使うたびごとに全体の洗浄が必要です。

スマイルキュートは、手元にミニボトルが付いていて、鼻水がそこに溜まるので、毎回のお手入れは、そのミニボトルを洗うだけでOK!
全体の洗浄は定期的に行います。

お手入れの手軽さは、スマイルキュートの方が簡単ですね。

クチコミ件数

メルシーポット:8854件(旧型+新型)
スマイルキュート:5881件

楽天で販売されているそれぞれの商品の口コミ件数を合計しました。(2017年12月7日時点)
メルシーポットの方が、口コミ件数が多く、よく売れているのかな?という印象ですね。

購入者の評価

メルシーポット:平均4.48(旧型+新型)
スマイルキュート:平均4.45

同じく楽天での購入者の評価をまとめました。(2017年12月7日時点)
どちらも☆4.4以上の高評価で、大きな違いはみられません。

スポンサーリンク

基本セットの内容

メルシーポット
吸引器本体
専用ACアダプター
吸引チューブ
チューブストッパー(ベビちゃんクリップ)
ノズルコネクター
シリコンノズル2個
取扱説明書
添付文書

スマイルキュート
ACアダプター
吸引ホース
ホースクリップ
ヒューズ(予備1本)
取扱説明書、保証書
ユーザ登録カード
鼻水吸引キット(ノズル2個付き)

スマイルキュートには別売のオプションあります。
・専用キャリーバッグ
・オリーブ管ロング
・充電式バッテリー

私は、専用キャリーバッグとオリーブ管ロングが本体とセットになったものを購入しました。
我が家では、ロングノズルが1番活躍しています。

キャリーバッグは、 2017年に新しいモデルになりました。
バッグに入れれば帰省時にも持ち運びしやすいですし、収納時もホコリを避けることができます。

価格

メルシーポット:11,880円(最新モデル)
スマイルキュート:15,800円(キャリーバッグ&ロングノズル付き)

メルシーポットは、最新モデルの価格がぐっと下がり、購入しやすくなりました。
機能がシンプルになったためだと思われます。

スマイルキュートは、楽天の複数の店舗で販売があり、キャリーバック付きのものが私が購入したときより1,000円安くなっています。

購入しやすいのはメルシーポットですね!

メルシーポットとスマイルキュートはどっちがいいの?選び方のポイントはこれ!

どちらも医療機器として認定されており、医師からも推薦されている機種です。
クチコミをみてもわかるように、どちらも人気があり高評価なので、迷いますよね。

メルシーポットとスマイルキュート、どちらを選べばよいのでしょうか?

選ぶ基準は、鼻水吸引器に何を求めるか?ではないでしょうか。

・吸引圧の調整とか面倒!操作はシンプルな方いい
メルシーポット

・コスパ大事!安いコード式電動鼻水吸引器を探している
メルシーポット

・見た目も可愛い鼻水吸引器がいい
メルシーポット

・ズボラなんです…毎回のお手入れは簡単な方がいい!
スマイルキュート

・赤ちゃんにも使うから、吸引圧を調整したい
スマイルキュート

・吸引圧はメーターで確認しておきたい
スマイルキュート

という感じですね!

私は、見た目はメルシーポットが好みだけど、お手入れが簡単なのは譲れない!ということで、スマイルキュートを選びました。
実際に使ってみると、とても簡単で手動のものよりもお手入れ簡単だわ~と思ったほどです。

スマイルキュートのお手入れ方法はこちらの記事へどうぞ!

スマイルキュートのお手入れ方法は?洗い方や消毒方法について

電動鼻水吸引器スマイルキュートが人気の理由は、お手入れが簡単!ということ。 私がスマイルキュートに決めた理由もここです。笑 実際には、どのような洗浄や消毒をするのか気になりますよね。 私が行っている方 ...

続きを見る

鼻詰まりで苦しむ赤ちゃんを見るのは辛いですよね。

風邪のときなど、一日に何度も鼻水をとってあげなければいけません。
1番大事なのは、使用するお母さんが使いやすいということです。

電動鼻水吸引器は、使ってみると面白いほどにスルッと、鼻水が取れますよ♪
ぜひ納得のいく一台を選んでくださいね。

スポンサーリンク

-子育て
-

Copyright© はじめて育児 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.