引きこもり主婦による妊娠・出産・育児についての備忘録

はじめて育児

妊娠・出産

つわり中上の子の食事が大変…1歳離乳食期の乗り切り方【体験談】

投稿日:

2人目の妊娠中に悪阻があると、上の子の食事の準備が大変ですよね。
私は、長男が1歳5ヶ月~6ヶ月の頃、悪阻がピークの時期でした。

私の場合、

「とにかく食事準備を楽にしたい!」
「でもベビーフードやレトルトにはできるだけ頼りたくない!」
「栄養バランスも気になる!」

と、いっちょ前に思っていました。笑

今回は、つわり中の上の子のご飯について、どう乗り切ったか?
私の体験談をお伝えします。

スポンサーリンク

つわり中 上の子の食事が大変…

上の子1歳5ヶ月~6ヶ月で悪阻がピークに

長男1歳5ヶ月、妊娠6週目くらいからつわりの症状が出てきました。
でも、両実家は遠方で、夫も平日の帰宅は遅く、家事など頼めない状況でした。

つわりの症状としては、食べづわりで少しでも空腹になると気持ち悪くなるタイプ。
振り返ってみると、1人目よりマシでしたが、1人目のときのように寝てばっかりもいられないので、大変さは同じくらいでした。

子供の体力はすごいです。
外に行きたい、体を動かしたいと、公園や支援センターになんとか連れて行って、返って私はぐったり。
今日一日をどう乗り切るか、もうろうとしながらやっていた気がします。

上の子のご飯作りの乗り切り方

基本ズボラなくせに、妙なところで神経質な性格です。
離乳食づくりは、離乳食の本を読みながら、ごはんやタンパク質の量を量り、ほぼそのとおりに作っていました。

「つわりの時期なんていつか終わるから、何でもいい!」と、割り切れるほど度胸もなくて…自分ルールの中で、精一杯やっていたと思います。

悪阻期の離乳食づくりの自分ルールは、こんな感じでした。

・無理をしない
・BFかレトルトは1日1個ならOK
・体調のよいときは冷凍ストックを作る
・ごはんか麺類があればなんとかなる

無理をしない

1人目のときは、きつい悪阻が8週続いたので、長期戦覚悟で無理はしないようにしようと。
無理をすると、イライラとかがすぐに顔や態度に出てしまう方なのもありました。

ベビーフードやレトルトの活用

ベビーフードやレトルトがないと、悪阻のときの食事は乗り切れなかったと断言できます。
ぶっちゃけると、めちゃくちゃ助かりました。
気持ち的、家計的に1日1袋(個)までOKとしていました。

週末に離乳食の冷凍ストックを

妊娠前からやっていた冷凍ストックを続けました。
週末の体調の良いタイミングで、作っておいて、電子レンジで温めるだけなので、毎回の食事準備は楽でした。

よく冷凍ストックしていたもの

ラタトゥイユ(トマト、ナス、かぼちゃ、ピーマン、玉ねぎ)
和風ミックス(大根、人参、さつまいも、ネギ、しいたけ)

50mlや120ml入る離乳食容器を使っていました。
そのままスープにしたり、みそ汁にしたり。

スポンサーリンク

↑朝食の例。
チーズを載せた食パンと、野菜スープです。

大きめサイズのゴロゴロ煮野菜のストックも作っていました。
かぼちゃ、大根、人参、さつまいも、ブロッコリーなど
小さめの一口大サイズで、チンするだけの状態にして、副菜やおやつにしたりしました。

ただ、おやつについては市販のおやつやアンパンマンパンなどに頼ることの方が多かったです。

ごはんや麺類は多めに作って冷凍

とりあえず主食があればなんとかなる!
ということで、ごはんは多めに炊いて小分けにして冷凍、麺類も多めに茹でて冷凍をよくしていました。
最悪、チンしてレトルトをかければOKという状態にしておけば、気持ち的に楽でした。

つわり中 上の子のご飯をレトルトやベビーフードにすると直面する「3つの問題」と対策

レトルト食品やベビーフードが便利といっても、使えない問題もありますよね。

子供への罪悪感

「栄養バランスは大丈夫だろうか」
「添加物のとりすぎにならないだろうか」
「手を抜きすぎじゃないか」

など、子供に対する罪悪感がありますよね。
私もそうでした。

でも、使わないと食事準備もままならないのであれば、やっぱり使うべきなんです。
ここは、割り切って、頭を切り替えるしかありません。

私も1日1個はOKにしていました。(緩すぎ?)

子供がベビーフード(レトルト)を拒否する

いざ、ベビーフードを使おうとすると子供が食べてくれない場合もありますよね。
息子も、ベビーフードを食べてくれる時と食べてくれない時がありました。
そういうときは諦めて、他のものを食べさせました。

つわりの前から、少しずつベビーフードに慣れさせておいたり、食べられる商品を見つけておくといいですね。

ベビーフード(レトルト)の臭いが耐えられない

臭いつわりなどで、レトルトの臭いがダメ…ということもありますよね。
私も1番キツイときはそうでした。

レトルトの臭いを嗅がないようにしたり、空腹になると余計気持ち悪くなるので、自分の食事も一緒に食べるようにしたりしました。

家にマスクがあれば、マスクをするとレトルトの臭いが軽減されるかもしれません。

つわり中にお世話になったベビーフードとレトルト食品

我が家で2人目妊娠中にお世話になった、ベビーフードとレトルト食品を紹介します。

和光堂の「栄養マルシェ」シリーズ

そのままの器で出せるから、もう何も準備したくないときに助かりました!
洗い物もしなくていいのも楽ですね。

和光堂の「グーグーキッチン」シリーズ

ハンバーグとかビーフシチューなど、メインになるし、量もたっぷり!
お米とこれだけで終了のときもありました。

アンパンマンカレー、ミートソース

カレーはごはんにかけて、ミートソースはパスタにかけて。
息子はこれが大好きで、すごい勢いで食べてくれました。
1袋50gと量が少なめなので、ツナ・納豆・チーズなどを加えたりしてボリュームを出したり、冷凍ストックのスープを添えたりしました。

和光堂「はじめてのシリアル」

緑黄色野菜や果物の栄養にプラス、鉄・カルシウム・食物繊維などが摂れます。
朝食の野菜不足を補うために、ヨーグルトに混ぜて食べさせていました。

こうやって振り返ってみると、和光堂の回し者かってくらいめっちゃお世話になってますね^^;

でも、それだけ便利で助かりました。

まとめ

つわり中の1歳の子供の食事準備の乗り切り方について、私の場合をまとめると…

・ベビーフードやレトルトを活用
・冷凍ストックを活用
・とりあえず、食べてくれればOK
・今だけと割り切る気持ちが大事

ということを学びました。

いつ終わるかわからない悪阻。
無理せず、負担の少ない方法を見つけて、つわりの時期を乗り切りましょう!

スポンサーリンク

-妊娠・出産
-,

Copyright© はじめて育児 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.