引きこもり主婦による妊娠・出産・育児についての備忘録

はじめて育児

子育て

離乳食作りに圧力鍋は必要?使ってみたら便利すぎる…!!

更新日:

離乳食作りに圧力鍋を使っていますか?
我が家では、超活躍しています!

でも、離乳食作りに圧力鍋って本当に必要なの?
便利って言うけど、何が便利なの?

という疑問もありますよね。

今回は、離乳食作りでの圧力鍋の活用方法についてお伝えします。

スポンサーリンク

離乳食作りに圧力鍋は必要?

離乳食作りに圧力鍋は、絶対必要なのか?
と、言われれば、圧力鍋はなくても、なんとかなるかもしれません。

すでに圧力鍋を持っている人ならいいけど、新たに買うなら必要性は大事ですよね!

圧力鍋を離乳食作りに使うと何がよいか、メリットとデメリットをまとめました。

圧力鍋を使うメリット

離乳食作りに圧力鍋を使うとこんなメリットがあります。

ガス代の節約

圧力鍋は火を使う時間が短いので、ガス代節約になります。(IHなら電気代)
例えば普通に煮たら30分だったのが、10分とか。
これが積み重なれば、大きな差になります。

時間の節約

もちろん、時間の節約にもなります。
我が家の場合、タイマー式のガステーブルなので、加圧したらタイマーをセットし、時間になれば火が消えてくれます。
圧力鍋を使うことで、台所に立つ時間がぐっと減りました。

一度にたくさん作れる

離乳食も進んでくると、量がどんどん増えます…
野菜も色々使いたい…という方には、野菜ミックスの冷凍がおすすめです♪

我が家では、週末にゴロゴロ野菜スープを圧力鍋で作り、小分けにして冷凍しています。

栄養をそのまま残せる

圧力鍋は少ない水の量で調理できます。
野菜から出た水分もそのまま料理に使えば、栄養を逃さず、野菜のだし味で美味しく食べられます。

圧力鍋で野菜スープを作ると、何時間も煮込んだような甘くて美味しいスープになります。

圧力鍋のデメリット

圧力鍋を導入することによるデメリットもお伝えします。

置き場所がいる

圧力鍋を新たに購入する場合、置き場所が必要です。
大きな圧力鍋だと場所を取ります!
我が家は、高さが低いタイプなのでシンク下に収納しています。

シューと音がする

圧力がかかるときに、シュシュシュと音が鳴ります。
赤ちゃんが同じ部屋に寝ていると、音が気になる!という人もいるかも。
ただ、赤ちゃんが起きているときや別の部屋で寝ているなら、問題なしです^^

葉物野菜は変色する

軟らかくするのに時間のかかる、小松菜やキャベツなどの葉物野菜も、圧力鍋ならあっという間です。
ただし、圧力をかけると鮮やかな緑色ではなくなります。

離乳食作りに圧力鍋を使ってみたら便利すぎた!

実際、我が家では離乳食作りでどんな感じに使ったか、段階別にご紹介します。

離乳食初期

息子は6ヶ月から離乳食をスタートしたので、初期は1ヶ月くらい。
最初は圧力鍋を使うほどでないかな?なんて思っていたら、普通に茹でたら超時間がかかるという( ;∀;)

キャベツ、全然軟らかくならないし!!!

圧力鍋なら、加圧しても数分ですからね。
しかも野菜が甘いんですよね。

この時期は、圧力鍋→ミキサー コースで、じゃんじゃか作っていました。

少量の離乳食を作るときも、複数の耐熱容器を使えば、野菜同士は混ざりません。
スポンサーリンク

離乳食中期

この時期は、食べる量が増えてきました。
とりあえず野菜スープで1品です。

週末に野菜ミックスを作っていました。

私がよく作っていたのは、
洋風野菜ミックス(玉ねぎ、人参、じゃがいも、キャベツ)

→これに、コーンスープの素やトマトを加えたり、肉を入れたり。
和風野菜ミックス(大根、人参、さつまいも)

→味噌汁にしたり、鶏肉入れて筑前煮にしたり。

これに、後期にはラタトゥイユも加わりました。
ラタトゥイユ(トマト、かぼちゃ、ピーマン、ナス)

→これにお肉や魚(タラとか)を入れて1品にしたり。

野菜ミックスは、1週間分を作って冷凍保存します。 小分けにするのには、リッチェルの50ccを使っていました。

離乳食後期~完了期

手づかみ食べの練習ですが、カットが大きくなると、その分火が通るのが遅くなるんですよね。
先輩ママさんに、「つかみ食べには蒸し野菜がいいよ」と、聞いたので普通に蒸してみましたが…いつになったら火が通るの!?

と、せっかちな私には向いていませんでした^^;

圧力鍋で蒸し調理をすれば、手づかみ食べサイズもあっという間にできちゃいます。

↓調理前

↓調理後

↓保存するとき

時短になるのはもちろんですが、何度も固さを確かめなくても確実に軟らかくなるいのが、超助かります。(;∀;)

耐熱容器を使って、野菜ミックスを作りながら、手づかみ食べ用も作ったり、一度に何品もできるので便利です^^

また、固くなりがちな肉料理も圧力鍋を使えばホロホロです。
塊肉を買って、圧力鍋→刻むと、柔らかフレークの出来上がり♪

圧力鍋はこんな人におすすめ!

私の場合、離乳食作りに圧力鍋はなくてはならない存在です。

圧力鍋をおすすめしたい人

圧力鍋はこんな人にはピッタリだと思います。

離乳食作りの時間を短くしたい人

圧力鍋なら、調理時間をギュッと短縮できます!

ガス代(電気代)を節約したい人

調理時間が短いので、ガス代(IHの場合は電気代)の節約になります。

料理がちょっと苦手な人

料理が苦手な人こそ圧力鍋です。
圧力鍋なら焦げたり、固さが残ってしまったりする心配がありません。
圧力鍋を使った離乳食レシピもネットにたくさん出ています。

離乳食は一気に作って冷凍ストックしたい人

冷凍ストックしておけば、忙しいときはチンすればOK!
野菜ミックスを作っておけば、栄養バランスも大丈夫です。

普段の料理も時短したい人

離乳食作りだけでなく、大人の料理でも圧力鍋はあると便利です。
スペアリブや手羽元など、骨付き肉も圧力をかければ、骨からスルッと取れます♪
サンマやイワシも骨ごと食べられちゃうので、料理の幅が広がります。

まとめ

圧力鍋は煮るだけでなく、蒸し調理もできます。
忙しくて離乳食作りが大変!という方には、ぜひ圧力鍋を使ってみてほしいですね^^

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

圧力鍋は離乳食作りでも大活躍!

我が家で使っている圧力鍋や、赤ちゃんがいる家庭での圧力鍋の選び方とおすすめ機種をご紹介します。

CHECK>>離乳食作りにおすすめの圧力鍋はどれ?赤ちゃんがいるならここをチェック!

スポンサーリンク

-子育て
-

Copyright© はじめて育児 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.