引きこもり主婦による妊娠・出産・育児についての備忘録

はじめて育児

子育て

粉ミルクの作り置き 時間や温め直しはどうする?【ポイント5つ】

投稿日:

夜中のミルク作り。
毎日のことなので、大変ですよね。

ミルクを作るためにわざわざ台所に行かなければいけませんし、眠い時は何杯入れたかわからなくなったりもします。

粉ミルクも作り置きできれば、泣いている赤ちゃんにすぐに飲ませてあげられますし、眠たいときに分量を間違うこともありません。

でも、粉ミルクって作り置きできるのか、気になりますよね?

今回は、粉ミルクの作りおきについて、必ず押さえておきたい「5つポイント」をまとめました。

スポンサーリンク

粉ミルクは作り置きしてもいいの?(厚生労働省の方針)

夜中に

「あと、1時間でミルクの時間…今のうちにミルクを作っておけば少し寝られるかも…」

と、思うことってありませんか?

粉ミルクの作り置き、つまり、粉ミルクをお湯で調乳後に置いておくことはできるのでしょうか?

結論から言えば、「できる」です。

ただし、清潔な環境で作り、保管方法と時間を守れば、になります。

厚生労働省は、世界保健機関(WHO)、国連食糧農業共同期間(FAO)が作成した「乳児用調製粉乳の安全な調乳、保存及び取扱いに関するガイドライン」を公表しています。

こちらのガイドラインには、粉ミルクを使用する人に向けて、作り方や取扱い方法が書かれています。

調乳のポイントとして、特に重要な箇所とされていのが

○乳児用調製粉乳の調乳に当たっては、使用する湯は70℃以上を保つこと。
○調乳後2時間以内に使用しなかったミルクは廃棄すること。

こちらの2点です。

それぞれ解説しますね。

なぜ70℃以上のお湯で調乳しなければいけないの?

70℃以上というのは、粉ミルクそのものや、溶かした粉ミルクに存在することがある「サカザキ菌」という細菌を不活性化できる温度が70℃以上だからです。

サカザキ菌は、特に乳幼児の髄膜炎や腸炎の発生に関係しているとされています。
とくに、1歳未満の乳幼児に感染リスクが高いとされており、その中でも生後28日未満の新生児、特に未熟児、低出生体重児、免疫障害を持つ乳幼児は、リスクが高いです。

特に新生児の間は気をつけなければいけませんね。

外出時に、水筒などで調乳用のお湯を持っていくこともあると思いますが、数時間経っても70℃以上の温度が保てるかどうか?をチェックしましょう。

「調乳後2時間以内に使用しなかったミルク」とは?

ここでいう「2時間以内」は、室温環境になります。

また、一度でも赤ちゃんが口をつけてしまった飲み残しのミルクは、唾液が栄養となって細菌が繁殖してしまうので、2時間以内とか関係なく、破棄しなければいけません。

粉ミルクの作り置き いつまで飲める?常温・冷蔵で何時間まで?

ここで、粉ミルクの作り置きできる時間について、整理しましょう。

さきほどご紹介したWHO/FAOのガイドラインには、室温・冷蔵での保存時間についても記載されています。

スポンサーリンク

作ったミルクの保存時間(室温の場合)

調乳後のミルクは、室温の場合「2時間以内に使用」が推奨されています。

もちろん、消毒した哺乳瓶などを使い、調乳のお湯は70℃以上のものを使ってください。

ミルクを熱めに作り、ペットボトルカバーなど保温性のある入れ物に哺乳瓶を入れておくと、時間が経っても冷めにくいですよ。

作ったミルクの保存時間(冷蔵の場合)

冷蔵の場合、5℃以下の環境であれば「24時間」保存できるとされています。

冷蔵庫から出すともちろん冷たいので、温め直してから赤ちゃんにあげましょう。

温め直し方について、詳しくはまた後ほどお伝えしますね。

作ったけれど飲まなかった飲み残しミルクは?

作ったけれど飲まなかったミルクは、どうなのでしょうか?

これについては、赤ちゃんが哺乳瓶に口をつけたかどうか?
で、判断しましょう。

全く吸わなくても、哺乳瓶の乳首に口をつけたなら、そこから唾液が混入してしまいます。
そのため、飲み残しミルクとしてもったいないですが、捨ててください。

作ったけれど、すでに寝ていたなどで、口にもつけていないなら、作り置きとしておいておけます。

前述したとおり、室温なら2時間、5℃以下の冷蔵なら24時間以内に使いましょう。

粉ミルクの作り置き 温め直し方は?レンジはOK?

作り置きしたミルクが冷めた場合、温め直しはどうしたらよいのでしょうか?

電子レンジはどう?

まず、電子レンジでの温め直しはNGです。

部分的に温まるので、栄養素が壊れてしまったり、熱い部分を飲んでしまい、赤ちゃんがやけどしてしまう危険があります。

ミルクが冷えてしまったら、湯煎をして温め直しましょう。

ミルクの湯煎のやり方は?

湯煎と言っても、大げさな道具はいりません。

私がよく使っていたのは、大きめのマグカップ1つです。

マグカップにお湯を半分くらい注ぎ、ミルクの入った哺乳瓶をつけます。
時々、哺乳瓶を振ったりして、中のミルクを混ぜましょう。

でも、ミルクの量が多くなってくると、湯煎にけっこう時間がかかるんですよね。

途中で、お湯を変えたり、哺乳瓶を振ったり、手間もかかりますし。

そのため、ミルクの量が増えると、作り置きを温めるよりも、新しくミルクを作るほうが早いじゃん。ということも…

作り置き以外でミルク作りを時短する方法は?

粉ミルクは、調乳後すぐに飲ませるのが原則です。

でも、できれば作り置きしたい、という人もいるでしょう。

では、なぜミルクの作り置きをしたいのか?
他の方法では解決できないのか?

というのを、考えてもいいかもしれません。

夜中に、ミルク作りのために、寝室から出て台所まで行くのが面倒なのであれば、寝室にミルク作りセットを置いておくのもよいでしょう。

ミルクをほしがる赤ちゃんを待たせたくないとか、粉の量をよく間違えてしまうなら、あらかじめミルクの量を量っておいたり、キューブやスティックの使用が有効です。

その他、夜中のミルク作りを時短する方法をまとめましたので、こちらの記事もどうぞ。

粉ミルクの作り方 夜の授乳を手際よく行う時短技【12個】

まとめ

粉ミルクを安全に作り置きするためには、

・清潔な道具を使う
・ミルクを作る前に、手をきれいにしてから作る
・調乳に使うお湯は、70℃以上
・作ったミルクは、室温で2時間、5℃以下の冷蔵で24時間以内に使用
・冷えたミルクの温め直しは、レンジNG。湯煎する

これらのポイントをおさえて、おこないましょう。

スポンサーリンク

-子育て
-

Copyright© はじめて育児 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.