引きこもり主婦による妊娠・出産・育児についての備忘録

はじめて育児

子育て

肌に優しい洗濯洗剤 安いおすすめは?赤ちゃんの肌荒れ対策にも

更新日:

赤ちゃん用の洗濯洗剤はどれを選べばよいのでしょうか。

我が家の場合、無添加の洗剤を使っていたのに、実はその洗剤が合っていなかったみたいで、洗剤を変えたら子供の肌荒れが改善!

洗濯洗剤って大事なんですね…

今回は、我が家が使っているおすすめの洗濯洗剤をご紹介します!
環境にも優しく、お安いので経済的ですよ♪


肌に優しい洗濯洗剤 安いのはダメ?

洗濯洗剤は毎日使いものだから、お財布に優しいのがいいですが、うちの場合、安い洗剤が合わなかったみたいです…汗

赤ちゃんが洗濯洗剤で肌荒れする?

赤ちゃんの肌はとってもデリケート!

保湿クリームを変えたり、こまめに塗ったりしても乾燥する…
服が肌に触れる部分が荒れている…

なんてお悩みないですか?

どちらもうちの子がそうでした><

肌トラブルの原因の1つが、洗濯洗剤といわれています。
洗濯洗剤に使われている、合成界面活性剤などの化学物質が衣類に残り、直接肌に触れることで肌荒れの原因になることがあるそうです。

無添加洗濯せっけんの落とし穴

では、合成界面活性剤が使われていない、無添加せっけん(石鹸成分のみ)なら肌に優しいか?というと、そうとも言いきれません。

なぜなら、無添加洗濯石鹸は、石けんカスが洗濯槽や衣服に残りやすい特徴があるのです。
いわゆる「すすぎ残し」がおきやすいのが無添加石けんです。
液体タイプなら溶けやすいと思いがちですが、意外と残ってしまいます。

タオルや衣類に残った石けんカスが肌への刺激になってしまいます…

肌に優しいと思って純石けんを使っているつもりが、逆に肌への刺激となってしまうこともあるのです。

また、石けん洗濯洗剤のよくある悩みとしては…

  • 汚れ落ちが悪い
  • 衣服の黄ばみ
  • ごわつき
  • 独特の香り
  • 洗濯槽のカビ

などがありますね。

この悩みの解決策としては、洗濯にはお湯を使ったり、衣服を投入する前にしっかり撹拌(泡立て)したり、炭酸塩を用いたりすることで対策もできます!

ただ、実際にやろうとすると、毎日のことですし、結構面倒ですよね^^;

しかも、無添加せっけんはコスパがめちゃくちゃ悪いという…
洗濯石けんは、使用量がたっぷり必要です。

我が家でも、「arau.」という無添加せっけんの洗剤を使っていましたが、1本で半月持たなくて( ;∀;)

しかも洗濯槽のカビが発生して、洗たく槽クリーナーでまた出費がかさみ…。

「無添加」でも肌に優しくない?

我が家の場合、息子が2ヶ月を過ぎたころから、石けん洗剤をやめてみました。
次に使ってみたのが、ドラッグストアにも売っている『さらさ』という洗剤。

お値段もお手頃なのにもひかれて・・・

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

さらさ 850g【toku15】【uj2】【pgstp】
価格:388円(税込、送料別) (2018/3/13時点)

「無添加」と目立つように書いてあるし、口コミの評判もよいようなので、買ってみたんですよね。

※よく見たら、無添加とは、「蛍光剤・漂白剤・着色料は無添加」という意味で普通に合成界面活性剤を使った洗剤だったのですが…

使用感は普通。
肌荒れは時々起こるという感じでした。

結局、肌への優しさと値段は反比例するのは仕方ない?

と、思っていたときに、画期的な洗剤と出会いました!

肌に優しい洗濯洗剤 私のおすすめ

石鹸洗剤は使いにくいし、「無添加」という名前の合成洗剤では肌荒れは良くならない。
肌が弱い子だから、仕方がないのか…

と、思っていたときに、たまたまお試しする機会があって、これだ!と、うちの家族にばっちりはまったのが、天然成分100%で作られた洗濯洗剤、まいにち株式会社の「ふわっしゅ」でした。

ふわっしゅは、安心の成分!使いやすい!安い!

しかも使っていたら、息子の肌荒れまで改善したのです。
以来、リピートしています。

成分

ふわっしゅは、合成界面活性剤・石けん成分・化学物質を一切使っていません。
といますか、使っている原材料はたった4つだけなんです!

の4つだけという超シンプル設計。

それぞれ、

大豆レシチン:界面活性剤の役割をして、汚れを浮かす
ミネラル水:水に溶かす
EM発酵物質(善玉菌):分解する
ハーブエキス:汚れの再付着を防ぎ、消臭・抗菌

という役割をしてくれます。

ちなみにEM発酵物質の働きにより、排水溝や洗濯槽の汚れも浄化してくれちゃいます。

4つの原材料は、全て食品または食品に準ずるものだけを使用されているので、袖や毛布を口に入れてしまう赤ちゃんも安心して使えます^^

※大豆アレルギーの方は、使用前にパッチテストを行いましょう。

使い方

ふわっしゅの使い方は、キャップに液体を注ぎ、洗濯機にINするだけです。

でも気をつけないといけないのが、その使用量!
多くの洗剤は、水60Lに対して40~50ml使うと思いますが、ふわっしゅの場合は20mlでOKなんです。

だから、いつもの調子でドバドバ~と、入れてしまうともったいなーいってことになります。笑

その他の特徴としては、

  • すすぎ1回でOK
  • 柔軟剤不要
  • ウールやシルクもOK

と、使い勝手良しです◎

洗い上がりについては、私にあまりこだわりがないこともあって、普通かな?って感じですが。
ただ、柔軟剤なしで「ふつう」と感じるということは、とても良い仕上がりといえるのかも!

抗菌作用があるためか、部屋干ししても生乾きなどの臭いなどはないです^^

コスパ

肌に優しい洗剤はコスパが大きな壁になります。(我が家がそうでした)

ふわっしゅは1本600mlで2,289円。
洗濯洗剤の価格としたら安くなさそうですが、石鹸洗剤と比べるととっても経済的。

オーガニック洗剤などと比較しても、リーズナブルです。

ふわっしゅの1回の使用量は、縦型洗濯機60Lで20mlなので、1本600mlで30日分も使えます。
1回あたりに換算すると、詰替え用なら57円!

しかも、柔軟剤いらずですすぎ1回でOKなので、その分節約できちゃいます☆

石鹸洗剤ってコスパ悪いから、赤ちゃんだけ別にして洗っている家庭も多いと思うのですが、ふわっしゅなら経済的だから、大人のも一緒に洗いやすいですね。

子供の肌荒れが洗濯洗剤で改善

最初は、シンプルな成分に惹かれて使い始めたふわっしゅなのですが、気がついたら、息子の肌荒れがきれいになっていました!

変化が顕著だったのが、首まわりです。
それまで、首のシワの部分が赤く線のようになってしまっていました。
生後2ヶ月頃から赤いのが気になっていて、小児科や皮膚科を受診し、相談していたのですが…

赤ちゃんは汗をかきやすいからね~

と、皮膚を保護するプロペト(ワセリンのようなもの)を出されたり、ステロイドを処方されたり。

ステロイドを使うと、一旦はきれいになるけど、塗らなくなるとまた荒れる…を繰り返していました。

担当の先生からは、

「寝返りができるようになると、首が上がるから治る」
「はいはいする頃には治る」

と、言われましたが、その頃になっても赤みは引かず…><

それが、洗濯洗剤をかえて数日経った日、「なんか首がきれいになってない?」と。
気のせいかとも思ったのですが、以前使っていた『さらさ』に戻すと、次の日すぐに荒れる!!!

あー洗濯洗剤が原因だったんだ…

と、確信したのです。

乾燥肌にも効果あり?

私自身、肌が弱くて乾燥しやすい体質です。
冬場は、全身かゆくて、ガリガリ背中や腰を掻いてしまっていましたが、この冬はあまり痒みを感じることがありませんでした。

もしかしたら、洗濯洗剤を変えた効果かなと^^

おわりに

息子の肌荒れが、洗濯洗剤を変えて改善するなんて…

もっと早く使ってあげればよかったです

ちなみに、ふわっしゅには2種類あります。
我が家で使っているのは、赤ちゃん用のふわっしゅです。
もう1つは、「大人のふわっしゅ」といい、主成分は同じですが抗菌作用が強くなるので大人向けになります。

赤ちゃん向けの洗剤をお探しの方、一度試してみてはいかがでしょうか?

参考:ふわっしゅ公式サイト

-子育て
-

Copyright© はじめて育児 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.