引きこもり主婦による妊娠・出産・育児についての備忘録

はじめて育児

子育て

軟飯を炊飯器で作ったら吹きこぼれた!水の量やモードはどれ?

更新日:

離乳食のため、炊飯器で軟飯を作ろう!
ということで、普通に炊飯してみたら、見事に吹きこぼれてしまいました…

軟飯を炊飯器で作ると吹きこぼれちゃうの?
原因は?対策は?

ということで、軟飯を炊飯器で炊くときの水の量や炊飯器の炊飯モードなどについて考えてみました。

スポンサーリンク

軟飯を炊飯器で作ったら吹きこぼれた!

離乳食後期。
5倍粥をクリアしたので、そろそろ軟飯かな?

ということで、軟飯(3倍粥)を炊飯器で作ってみることに。

米と水を1:3にして、スイッチオン!

(数分後)
ゴボゴボ…!

なんと、炊飯器から水が飛び出している!!!

周りに飛び散ってしまって、周りの棚にもかかり、掃除。
炊飯器も分解して、掃除。

軟飯を炊飯器で作りたかっただけなのに…大変なことになってしまいました。涙

炊飯器で軟飯を作って吹きこぼれた原因

炊飯器で軟飯を作ろうとして、吹きこぼれてしまった原因について考えてみました。

作る量が多かった?

まず、作ろうとした軟飯の量が多すぎたのか?

でも、我が家の炊飯器は5合炊きで、作ろうとした軟飯は1合分。

米1合に対して水540ml(米カップ3杯)なので、量は多いというほどではありませんでした。

炊飯のモードが違った?

1番思い当たった原因が、炊飯器の炊飯モード。

早く軟飯を作りたかったので、「白米急速(早炊きモード)」で炊飯したんですよね。
おかゆモードは1時間以上かかるんですもの。

スポンサーリンク

一応、インターネット検索では「軟飯は普通のモードで炊ける」と、書いてあったんですけどね。。。

これまで、5倍粥とか作るときは、毎回「おかゆ」モードで作っていました。
軟飯よりも水分量が多くても、吹き出すことは1回もなかったので、やっぱり原因は、炊飯モードかと。

特に、白米急速モードは、短時間(30分)くらいで炊き上げるので、火力(?)が強いのかもしれません。

軟飯を炊飯器で 水の量はどのくらい?

では、炊飯器で軟飯を作る場合、失敗しないためにはどうしたらよいのでしょうか?

まずは、水分量のおさらいです。

軟飯を米から炊飯器で作る場合、

米:水=1:2~3

なので

3倍粥(軟らかい)なら、米1カップ(180cc)に対して、水540cc
2倍粥(やや軟らかい)なら、米1カップ(180cc)に対して、水360cc

になります。

米を計る米カップで、180ccの水が計れるので

水540ccなら、米カップ3杯
水360ccなら、米カップ2杯

になります。

米カップじゃなくて計量カップでも、割合が同じならOK!
コップ1に対して、水の量はコップ3杯とかコップ2杯とかで、できますよ♪

軟飯を炊飯器で モードはどれ?

炊飯器での軟飯づくりは、モードが超重要です!

炊飯器には、色んなモードがありますよね。

うちの炊飯器(象印)の場合、エコ炊飯、白米、塾生炊き、白米急速、おかゆ などあります。

私がよく使うのは、「エコ炊飯」(大体60分)か、白米急速(35分くらい)です。
ちなみに「おかゆ」で炊くと、72分くらいかかります。

おかゆモードは、ふつふつが緩やかなので、吹きこぼれにくくなっています。

間違っても急速はおすすめしません。^^;

軟飯を作るときは、普通のおかゆを作る時と同じく、炊く前に30分くらい浸水してから炊きはじめると、ふっくらやわらかい軟飯が作れますよ。

ちなみに、もし、出来上がりがシャバシャバだったら、少し保温するとトロッとトロミが出てきます。

おかゆは、基本的には保温はNGです。作ったらすぐに取り出します。
水分が多く腐敗しやすいので、炊飯器メーカーでも、おかゆの保温はNGとされています。

ちょっと固いかな~?と思うときは、お湯を足してのばす方法もあります。
私も、うっかり保温してしまい、水分が少なくなったときにやります。笑

おかゆモードがないときは?

炊飯器におかゆモードがないときはどうしたらよいのでしょうか?

おかゆモードがないときは、消去法になりますが、できるだけゆっくり炊くモードを選ぶとよいですね。

時間をかけてゆっくり炊くことで、吹きこぼれにくくなります。

また、作る量が多くても吹きこぼれてしまうので、お米の量は少なめからやってみましょう!

おわりに

軟飯は、炊いたごはんからも作ることができます。
ごはんと水を耐熱容器に入れて、ラップをしてレンジで数分加熱。
その後、少し蒸らせば軟飯の出来上がりです!

できた軟飯は、保温できないので、冷まして冷凍しましょう!
1回分ずつ小分けにしておくと、使いやすいですよ。

スポンサーリンク

-子育て
-

Copyright© はじめて育児 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.