引きこもり主婦による妊娠・出産・育児についての備忘録

はじめて育児

子育て

ヘルメット治療で福岡大学病院へ!受診の流れと検査内容

更新日:

息子にヘルメット治療をさせるかどうか?検査をしてもらうために、福岡の福岡大学病院へ行ってきました!

今回は、受診の流れや検査内容をまとめました。

スポンサーリンク

ヘルメット治療で福岡へ

日本では数年前から始まった乳幼児のヘルメット治療。
個人差はありますが、数ヶ月間の装着によって頭のゆがみの改善効果が期待できます。

しかし、まだまだ対応している病院は多くありません。
日本で10数カ所しかないのです。

うちの子の場合、頭がなんだか歪んでいる気がするけれど、ヘルメット治療をするほどだろうか?

小児科の先生は徐々に丸くなっていくというし、旦那は「個性」だというし…

でも、治療するなら早いほうがいいし、タイミングとしては今しかない!

とりあえず検査を受けて、ゆがみの程度を見てもらおう!治療についてはそれから考えよう!

我が家の場合、1番近い病院が福岡だったので、AHSジャパンのHPから予約をとり、ヘルメットの適応診断を受けることにしました。

頭の形外来 @福岡大学病院

福岡大学病院までは、新幹線とバスで行きました。

福岡大学病院へのアクセス!新幹線の座席や博多駅の授乳室はどこ?

スポンサーリンク 赤ちゃんの頭の形を整えるヘルメット治療。 我が家から一番近い福岡大学病院で適応診断を受けてきました。 平日だったので、夫はおらず移動は新幹線とバスです。 赤ちゃんと新幹線に乗るのは初 ...

続きを見る

到着~初診受付

予約は14時でしたが、早めに行っておいた方が安心ということで、13時前に病院に到着。
形成外科は新館になるのですが、きれいな建物でした。

初診受付を済ませ形成外科へ。

初診受付では紹介状があれば紹介状渡しましょう。 私は紹介状がなかったので、5,400円が自費で必要になります伝えられました。

レントゲン撮影

形成外科では問診票を書いて、レントゲン撮影へ。
病気による変形でないことを確認するためですね。

レントゲン撮影では、子供と一緒に部屋に入り、撮影します。
辺りをキョロキョロしていましたが、泣くことはなく、無事に撮影できました。

待ち時間に授乳タイム

13時半頃には、形成外科の待合に戻り、後は呼ばれるのを待つだけです。

スポンサーリンク

待合スペースには、お仲間かな?というご家族が2組。
一般の大人の患者さんもたくさんいらっしゃいました。

そうなんです!
予約をしていても患者さんが多い…総合病院あるあるでしょうか。
予約していた時間は14時で、診察室へ呼ばれたのは15時頃でした。

ちょうど授乳時間と診察が被りそうだったので、隣りの産婦人科の授乳室をお借りしました。

検査結果と治療について

15時頃に診察室に呼ばれ、担当の先生と撮影したレントゲンを見ながらお話。

先生からの説明をまとめると…

・骨に異常はなく、病気が原因の頭の変形ではない

・医師の間では、頭の変形による健康への影響はないという考え方が主流
(だから自由診療になっている)

・ヘルメット治療について、赤ちゃんへのストレスは気にしなくてよい

・ヘルメット治療は親御さんの判断に任せる

と、いうことでした。

やった方がいいとか、しなくてよいとか、そういったことは言ってもらえません。

聞いてよかったのは、赤ちゃんへのストレスは気にしなくてよい、ということ。
受診する前は、息子にストレスを与えてしまうのではないか、可哀想ではないか…心配でした。
ですが、先生によると、赤ちゃんの順応力は高く、すぐにヘルメットのある生活に慣れるとのこと。
よだれかけも着けているのが普通になるように、ヘルメットも1週間もすればそれが当たり前になるのだそうです。

頭の歪みの状態を測定

ヘルメット治療をするかしないかは、頭の形を調べてからでも良いとのことだったので、まずは頭の状態がどんな状態か、測定してもらうことにしました。

別室へ移動し、ヘルメットの調整をしてくださるフォローアップ施設の方とお話し。
まず、色んな角度から頭の大きさを測り、その割合から変形の種類とレベルを調べます。

息子の場合、短頭症と斜頭症のミックスでした。
短頭症はレベル3(中度)、斜頭症はレベル4(重度)とのこと。(5段階評価)

予想では軽度~中度だと思っていたので、重度との判定に驚いてしまいました。

自然に頭が丸くなったりは…?

ダメ元で聞いてみると「しませんね」と、きっぱり。
これだけ重度であると、歪みは残ってしまうでしょうとのこと。

まだ様子を見るか、ヘルメット治療をするか…?

小児科でも周りの人からも「成長とともに気にならなくなるよ」「多少の絶壁は個性だよ」と言われていました。でも、もし治らなかったら?

最終的な決定は、明日のお昼までで大丈夫とのことで、ヘルメットが作れるようにスキャニングをしてもらいました。

ドット模様の水球選手のような帽子を装着し、スマホを使ってのスキャニング。

撮影されたデータをすぐに見せてもらうと、帽子を被っているので頭の形がよくわかりました。
後頭部が斜めに突出しているだけでなく、額も歪みがあることがわかりました。

ヘルメット治療の効果について

期待できる効果について詳しく聞いてみました。

同じ月齢で、同じくらいの頭囲、歪みのレベルの子のこれまでの治療データを見せていただきました。

息子の場合、月齢が小さいため(診察当時は4ヶ月半)、比較的短期間の装着で改善が期待できるそうです。

ただ、最終的にどうなるか?というのは、約束はできないそうで。

なぜかというと、ヘルメット治療は体重が増えて頭が大きくなることで、丸くなっていきます。
そのため、本人の成長と、あとはどれくらいヘルメットを長時間つけられるか?によるのだそうです。

病院での初診を終えて

強い勧誘とかは全くありませんでした。
むしろ、今抱えている患者さんが多くて、通院の日時指定ができなくて…というほどのようです。

自分の気持ちとしては、治療をする方向で固まっていましたが、夫とも話をするためにも、翌日連絡させていただくことにしました。

支払いを行い、病院を出たのは16時15分くらい。
帰りも博多駅まではバスを利用しましたが、夕方は混みますね。

次回来ることがあれば、地下鉄を利用してみようと思います。

【追記】ヘルメット治療をすることにしました

我が家では、ヘルメット治療を始めることにしました。
まず、選ぶのが、ヘルメット(スターバンド)のデザインです。

スターバンドのデザイン一覧!柄選びのポイントは?【写真あり】

こちらは、ヘルメット初装着の息子の反応やフォローアップ施設へ行った感想です。

スターバンド初装着!受け取りの流れや所要時間、準備物は?

スポンサーリンク

-子育て
-

Copyright© はじめて育児 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.